失敗例について

私は振り返ってみると、数多くのバイトをしてきたのであるが、その中には高額なバイトも非常に多く含まれているのであった。その中でうまいことも行ったこともあるし、うまく行かなかったことも非常に多くあったのであった。その数多くある、高収入バイトについて、その成功例だけでなく、失敗例についても話していきたいと思う。
まず、高収入バイトの失敗例としてあげておきたいのが、覆面調査員のバイトをしたことがある。これは私にとって心に残る失敗例であったので、そのことについてお話ししたいと思う。
まずこの覆面調査員のバイトは高額ではないのだが、その拘束時間が少ないために結果的に高収入バイトになることが多いのである。なので、覆面調査員のバイトの失敗例についてこれからお話するが、それはうまく行った事のほうが非常に多いのである。
具体的に言う失敗例としては、来店型の保険ショップに覆面調査員で来店した時のことである。いままで、私はこの覆面調査員の仕事はうまくいってきているので今回もうまくいくのではと思っていたのである。その時の仕事の内容としては、保険ショップに客として来店することになっていたのである。まず仕事の内容としては、客として、店舗に来店してそこで予約を取り、そしてまた相談者として来店する。そういった流れの仕事をいつものようにやれば良いはずであった。しかし、それがうまく行かなかったから失敗例なのである。どういう失敗例なのかというと、私が覆面調査員ということがバレてしまったのである。この仕事は高収入バイトであるが、それがバレてしまうと、報酬がもらえないような仕組みになっているのである。なので、私は散々時間をかけて、来店して、そして2度も来店したということなのであるが、しゅうにゅうとしてはぜろということになってしまったのである。なので、もしあなたが高収入バイトとして覆面調査員をしたいと思ったのであれば、必ずバレないように仕事をして頂ければと思う。私の高収入バイトの失敗例から学ぶこととしてはそういったことなのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です