採用支援サービス担当スタッフに向く性格とは

企業が自前で全ての採用活動を行なうということが、コストカット重視の経営によって困難になってきたため、人材サービス業者にアウトソーシングして採用担当を行なう例が増えてきました。単に一般社会で育ってきた人間を人材として企業が採用して社内で教育するという従来の採用姿勢ではなく、人材サービス企業がもつグローバル時代の独特なノウハウを生かした採用支援サービスを活用する採用体制に変わっているのです。ですから採用支援サービス担当スタッフには、向く性格というのがある程度限られてきます。向く性格とは、相手が望んでいるターゲット人材を把握して、ターゲット人材だけが応募するような魅力ある採用体制をじっくりとサポートできる気が長い性格です。採用支援サービスの成果が出るのは採用してから長くかかる場合もあるので、継続的な経過観察を見越した優位な人材を紹介できる、気の長い性格が不可欠といえます。

採用支援サービスで得られる後味良い充実感

得意分野は企業ごとに異なるというのは、サービス業においては特に顕著にみられます。ですから自社に足りないところを他社の商品やサービスで補えるならば、経費を使ってでも他社の商品やサービスを使うこともやぶさかではないのがビジネス環境です。競合しない分野同士の企業ならば、良い取引相手として長年の付き合いができます。採用支援サービスについていうならば、仮に最初に採用支援サービスを利用した時に採用した人材が、やがて業績アップに著しく貢献したということであれば、サービスを利用した企業側は後味良い充実感を得られるのです。採用支援サービスを提供した人材サービス業者にとっても、後味良い充実感をクライアントに得てもらえれば継続的なサービス契約利用が見込めますから、双方ともにビジネス的な充実感を得ることが可能になリます。

採用支援はとてもよいシステムです。

もし、これから仕事を探すなら、採用支援を行っているところを利用することをおすすめします。いまは、経済の状況もあって、就職がなかなか難しいとされていますので、少しでも、有利な就職活動をすすめることが大事です。事前に情報収集を行って、採用支援を行っているところを探しておくといいでしょう。そうすると、会社のほうも、積極的な採用が促進されるので、求職者にとっては、就職に受かりやすいといえます。企業もなかなか、人を採らなくなってきているのが現実です。そうしたなかで、採用支援は、とてもよい制度ではないでしょうか。雇用が増えると、経済に活気がでるので、企業の業績も伸びやすくなります。経済が上向きになるまで少し時間がかかるかもしれませんが、こうしたシステムで不況の中でも採用を積極的に行っていくことが大事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です