私が経験した転職の理由について

私は今まで4回転職しました。それぞれ転職の理由はありますが私は高校卒業後、地方から東京の情報処理会社に就職しました。そちらではコンピュータの操作からプログラム作成システムエンジニアに携わる仕事を経験させて頂き8年間在籍してました。仕事はやりがいのある仕事でしたし給料の面も良かったのですが、どうしても自身の都合によって、東京を離れて地元に帰らなくてはいけないことになったことが1回目の転職理由です。その後地元に帰り転職活動をすることになりまして、出来れば次の仕事も情報処理関係の仕事に就きたかったので、その方面で何社か面接を受けて半年、なんとか情報処理関係の仕事に転職することが出来ました。そこの会社は情報処理会社で自社でもソフト開発をしてるのですがそれとは別に、各企業に出向、派遣形式で人材を出してる会社だったので私も派遣形式で地元の金融会社で働くことになりました。そこではコンピュータの操作を主に10年間しました。

仕事の内容はコンピュータの操作が主なので、プログラム開発、システムエンジニア業務に携わることはなかったです。職場の環境も良好で給与も良かったので私自身もっと続けていたかったのですが金融会社の方から、人数削減の依頼がありまして、しかたなく金融会社の派遣は終了となり、次の派遣先を探すことになったのですが、地元では私に合った派遣先はないと言われました。しかし私は地元を離れて次の派遣先に行くことは考えてなかったので、情報処理会社を退職して、自分で次の仕事を探すことに決めたことが2回目の転職理由です。その後も情報処理会社関係の仕事を探し、面接など何社か受けたのですがなかなか採用にはならなかったです。やはり前職で10年間、開発関係の仕事をしてなかったのが原因かもしれないと思いました。現実は早く仕事しないと失業保険も切れそうだったので、もう情報処理関係の仕事にこだわってても、だめだと思い他の職種も考え初めて、自分が出来そうな仕事を探して何社か面接を受けました。

その後、家から近い、半導体工場に派遣として転職できました。そちらでは、2年6ヶ月半導体の品質管理業務に携わってきました。仕事面では前職とは全く違ったので、最初は大変でしたが、その後は順調に仕事していました。しかしその後リーマンショックで、工場の人員削減があり、そちらを離れることになって、次の仕事を探すことに決めたことが3回目の転職理由です。その後しばらくして、違う半導体製造会社に社員として入ったのですが職場の環境に合わず半年で退職しました。その後別の半導体製造会社で、パートタイマーとして働いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*